切手のいろは

切手のいろは

切手コレクターの管理必須アイテム

コレクターにとって、切手は大切なものであり、また管理が行き届いていないと傷みやすく、うっかり放置していると糊の部分の劣化もあるため、リユース(売却)を視野に入れている場合はなおさら入念に管理しなければなりません。
切手コレクターの必須アイテムとも言える、2大アイテムがアルバム、ピンセットです。手垢や汚れ、また手の脂によって傷めないために、切手を触る際はピンセットを使用することが不可欠です。ピンセットに関しては長短いろいろな長さがありますが、お好きな長さで構いません。使いやすいものを使用しましょう。しかし、先端が平らになっているものを選びましょう。 切手を収納するアルバムは、ストックブック・ストックリーフの2タイプがあります。実際に店舗に行ったり、商品ページを閲覧すれば各メーカーの差異はすぐにわかるため、じっくり確かめて選んでみましょう。保管はもちろんですが、楽しく鑑賞しやすいという2点から選ぶのが良い選び方です。

現在切手コレクターの間で人気なのは

昭和の半ば頃、切手コレクターともいえる人たちが大勢いました。そして収集して楽しむ人が多くなるにつれて、珍しい切手や図柄の美しい切手はコレクターたちの間で大人気となり、高額でやり取りされるようになったのです。特に人気の高いものは、状態がよければ数万円の価格がつけられたものです。
ところが現在ではコレクターの数は激減してしまいました。需要が減れば供給量も、また値段もさがるもので、現代ではあまり高額でやり取りされることが少なくなっています。
しかしながら、かつての日本のようなブームが今中国でおきています。このため日本でも中国切手は高値でやり取りされるようになっています。このため減少気味であった買取店も、再び注目されるようになりました。
もちろん日本にもコレクターがいなくなったわけではありません。かつて程の人数ではありませんが、昔から引き続いてコレクションしている人もいますし、なかには親から引き継いだコレクションを見ているうちに自分も集めだしたという若い人もいるのです。流行はあるものの、その魅力にはまる人は後を絶たないのです。

pickup

文京区で中古一戸建てを購入

Last update:2017/7/20