切手のいろは

切手のいろは

切手の額面と買取り価格などの値段

現在の郵便料金は葉書の場合は52円、封書の場合は82円と言う金額になり、郵便を出す時には52円や82円の切手を貼る事で郵送をして貰えます。
切手には収集すると言う楽しみが在り、額面と言う数字は時代と伴に変化をしており、現在では52円と82円と言う値段が基準になっています。
切手の価値は現在下がりつつあると言われており、売却時の値段は額面を下回る事も多くなっていると言いますが、明治や大正、昭和の始め頃の通貨は現在の「円」ではなく、「銭」などの通貨で在り、この額面を下回る事は無いわけです。
尚、切手の価値は保存状態が良い事、単片の場合は四隅のギザギザになっている目打ちが綺麗な事、未使用で在る事、そして発行枚数が少ないものなどの場合が基本となるのが特徴で、発行枚数が多いものなどの場合は市場に多く出回っているため、買取り価格も下がりますが、発行枚数が少ないものなどの場合、希少価値が高いものも数多く在ります。

切手の値段と価値について

切手の値段と言うのは額面と呼ばれるものが基準になります。
郵便局で購入する時には額面通りのお金を支払って購入する事が出来ますが、専門店などで購入する場合は額面よりも高い値段で購入する事になります。
例えば、額面が10円の切手は郵便局では10円で買う事が出来ても、専門店では100円や1,000円と言った具合に額面とは関係なく、価値に応じて販売価格が違うのが特徴です。
郵便局では普通切手を始め、特殊や記念などの種類の切手を販売していますが、特殊や記念と言うものは発行枚数が予め定められていて、完売になれば郵便局で購入することが出来ません。
これに対し、専門店は市場に出回っているものを買取りし、それを店頭販売しているため、郵便局では10円で購入が出来たものが、数倍から数十倍、中には数千倍もの値段がついているなど、プレミアとなるものも存在しています。
また、価値と言うのは鑑定を行う人などが相場などを熟知しており、その金額で販売価格が定められていると言う事です。

check

檜風呂

最終更新日:2017/6/20