切手のいろは

切手のいろは

切手を高値で売るポイント

切手を売る場合、高く売るためのポイントがいくつかあります。
その一つに、保存状態を良くしておくことがあります。切手はとてもデリケートなもので、湿気やほこりなどに弱いです。汚れができてしまうと、買取り価格も下がってしまいます。そのため、保管場所は高温多湿の部屋は避け、清潔に保つことが大切です。 また、折り目ができたりやぶけたりしないように、ファイルやケースを利用して保管します。ストックブックやストックリーフも、切手をきれいな状態で保管するために役立ちます。
保管場所への出し入れにも注意が必要です。直接手で触ると皮脂が付着し変色してしまう可能性があります。そのため、手でなくピンセットを使うと安心です。ピンセットの種類も、傷つけないように先が平らなものを選びます。
切手を高く売るためには他にも、できるだけきれいな状態で購入しておくことや、より高値で買い取ってくれる店を選ぶこと、バラよりもシートで売るなどの方法もあります。

切手を売る前に知っておきたいこと

切手は金券ショップや切手買取専門店、リサイクルショップなどで売ることができます。また、ブランド品や骨董品の買取をしている店舗の中にも取扱品の1つとして買取しているところがあります。また、普通・記念・特殊といった種類があり、どの種類のものでも売ることができますが、未使用のものに限ります。
その中でもどんな店舗でも値が崩れにくく安定して買取してもらえるのは普通切手です。ビジネス上の書類の郵送や受験願書などの重要文書の郵送には普通切手を使うのが一般的で、プライベートやビジネスを問わず常に需要があることがその理由です。特に金券ショップは店の性質上その傾向が顕著です。記念や特殊はその希少価値次第で、プレミアが付いたものなら額面の何倍もの金額になることもあります。
すべての種類に共通して言えることとして、バラバラよりは一式のシートの状態の方が高値で買取されます。シート状でないものでも、付属フィルムやケースに入っているものはできるだけその状態のまま持って行くと正確な鑑定がしやすく、値が付きやすくなります。バラバラのものばかりの場合は、あらかじめ種類や金額で仕分けして集計したうえで持って行くと、手間賃を引かれないので値崩れを最低限に抑えられます。

Favorite

湘南でリフォームを行う

2017/11/2 更新